トップページ > 診療科・部門紹介 > 検査科・放射線科

皮膚科

この度、大分健生病院で皮膚科の診療を始めることになりました。皮膚科では年齢を問わず、皮膚疾患全般の診療を行ないます。皮膚や毛、爪の症状でお困りの際はぜひご相談ください。外来診療は午前中のみとなります。午後は入院患者さんの診察や褥瘡回診、往診、手術等を行なう予定です。

外来診療

外来では患者さんのお話をじっくり伺い、丁寧な診察を心がけます。そのため、一人一人の診察に時間がかかりますので、時間予約制を導入いたします。予約の無い方も受診は可能ですが、予約患者さんの合間に診察となりますため、待ち時間が長くなります。出来る限り、ご予約の上、受診するようにお願いいたします。ただし、急患はその限りではありません。

診療時間

皮膚科外来は午前のみとなります。
詳しくはこちら
皮膚科診療担当医表

入院診療

内科や総合診療科、外科の医師と協力して、皮膚疾患患者の入院治療にあたります。当院ではこれまでも帯状疱疹や蜂窩織炎といった皮膚疾患の入院加療を行なってきておりますが、今後はより積極的にそのような患者さんの入院の受け入れを行なっていきたいと思います。入院治療が必要な患者さんがおられましたら、ぜひご紹介ください。
なお、重症の場合などは基幹病院の皮膚科にご紹介させて頂くこともあります。

訪問診療(往診)

往診は、当院やけんせいホームケアクリニックをかかりつけとされている患者さんを対象に行なう予定にしています。褥瘡に限らず、各種皮膚症状に対応したいと思いますので、ご相談ください。

手術

手術は日帰りの小手術(小さな良性腫瘍等の切除術)を主に行なう予定です。まずは当科外来を受診してください。診察した上で、手術の計画を立てます。

その他

外来診療時間以外の急患につきましては、従来どおり、皮膚科以外の医師が対応させていただくことが多いかと思います。ですが、少しでも皆さんのお役にたてるよう、努力していきますので、どうぞ宜しくお願いします。

医師紹介

詳しくはこちら
皮膚科医師紹介