トップページ > 診療科・部門紹介 > 看護部 > 看護教育・看護研修

看護教育・看護研修|看護部

看護教育・看護研修

教育目標
1
基本的人権を守る視点に立った、生命観・人間観を育成する。
2
医療生協の患者の権利章典を理解し、看護の中で実践できる。
3
倫理的感性を高め、実践につなげる能力を育成する。
4
患者を生活と労働の場からとらえ、生活史と疾病の関わりについて科学的に理解し、看護実践が出来る能力を育成する。
5
社会の実態と患者の要求を捉え、社会保障制度のあり方について考える視点を養う。

新卒採用者の教育支援について

当院では、総合的で継続性がある地域医療を担える看護師を育成しています。 卒後研修は、看護師1人につき1人のプリセプター方式を採用しています。 看護技術や患者さんへの対応など、細やかなアドバイスを行ない、チーム全体で研修をサポートしています。

クリニカル・ラダー

レベルT
(1年目)
組織の一員として規律を守り、指導を受けながら正確で安全な看護が提供できる。
レベルU
(2〜3年目)
自立に向けた指導を受けながら、チームメンバーの役割を果たすことができる。
レベルV
(4〜9年目)
臨床場面において、自律的に日常看護を実践し、新人指導を行うことができる。
レベルW
(10年目)
看護実践モデルとして、リーダーシップを発揮し、後輩を育成することができる。

研修スケジュール

1年目

4月
技術オリエンテーション
ポートフォリオ作成
5月
他事業所研修
(デイサービスすこやか・つる訪問看護ステーション・けんせいホームケアクリニック)
6月
集合研修(1)
ACLS(1)
7月
他職種研修
(食養課・薬局・医事課・健診課・検査課・放射線課・リハビリテーション課・地域連携室)
8月
全体卒後研修(1) 症例・看護研究
9月
集合研修(2) 多重課題シュミレーション
わたしの患者さんの生活史
10月
ACLS(2)
1月
全体卒後研修(2) 看護について考えてみよう
3月
全体卒後研修(3)  症例発表
患者・障害者体験研修

2年目・3年目

5月
評価会議
8月
評価会議、チェックリストの記入
11月
評価会議
2月
評価会議、チェックリストの記入

研修期間

1年間

指導体制

1
1年間は相談役(プリセプター)を配置し、援助を行なう。
2
研修全体については、各部署の教育担当主任が責任を持つ。

Q & A

Q1
卒後研修期間はどれくらいありますか?
A1
卒後研修期間は3年間としています。
Q2
研修期間も残業手当がもらえますか?
A2
一定の研修期間が終われば、職場の責任者の判断で、残業手当をつけています。
Q3
休み希望は叶えてもらえますか?
A3
勤務表は、職場の責任者が必ず事前に希望を聞いてから作成しており、希望が叶えられるよう、努力をしています。
Q4
キャリアアップに対して、どのような援助がありますか?
A4
院内外の研修参加を奨励しています。内容により、費用の援助や業務保証があります。
Q5
定期的な学習会はありますか?
A5
はい。定期的に、さまざまな学習会を行っております。
NST(栄養サポートチーム)学習会、RST(呼吸サポートチーム)学習会、緩和ケア学習会、CPC(臨床病理検討会)、症例検討会、医療安全学習会、感染学習会を行っています。
そのほか、大学准教授を招いての事例検討会、トランスファー(移乗介助)、レントゲンの見方の学習会などを不定期に行っています。
Q6
既卒採用希望なのですが、プリセプターを配置してもらえますか?
A6
事前に面接を行ない、一人ひとりの経験によって配置を決定します。
Q7
看護職からしばらく離れていたため、自信がないのですが……
A7
当院では、看護師の資格は取得しているけれど、現在離職中で、現場で働くことに不安があるといった方を対象に、カムバックナース(看護師復帰支援講座)を開催しております。 ぜひご参加下さい。

お問い合わせ

[問い合わせフォーム]から、簡単に問い合わせが出来ます。
また、メール(oitakensei-risk@oita-min.or.jp)もしくは電話(097-558-7241)(看護担当事務)までご連絡いただいても結構です。