病気のとき 家庭でできる看護

このページでは、病気との仲良いつきあい方、お薬の飲み方の工夫などを紹介しています。

お薬なんか大嫌いだ〜お薬飲もう大作戦我が家の実例から本当に飲み薬はだめみた〜い
                         
お薬なんか大嫌いだ〜
外来でよくご相談があるのが
「うちの子、お薬飲まないんですよ。」

たしかに、よくお薬を飲んでくれる子、そうでない子といるように感じます。
どんな子どもが飲んでくれるのでしょうか。中には漢方薬だって、そのまま
「食べてしまう」子どももいます。どうしたらしっかり飲んでくれるでしょう。

○飲む子どもは、納得して飲んでいる。
1.「こんなに甘いものは食べさせたことがないので、とっても喜ぶんです。」
  もっとチョーダイといって袋まで舐める子どももいる。

2.お母さん、お父さんが喜ぶので、うれしくて飲んでいる。

3.お薬を飲むのに、あまり怖い(押さえつけられたり・・・)思いをせずに、
 そのまま味に慣れてしまった。

4.漢方薬も甘いモノがある。顆粒、茶色といった形にとらわれない子どもは
 甘ければ飲む。

せっかくお薬を処方してもらっても持っているだけでは病気は治りません。
作戦を練るにあたり、大切なことがいくつかあります。
          
○飲まない子どもは、本当に飲まない。
1.最初は、押さえつけられて仕方なく飲む。鼻をつままれて仕方なく飲む。

2.薬の時間にお母さんたちが怖い顔をしてくるので怖いので飲む。

3.でも、怖い薬には余裕がなく、飲みたくない気持ちがだんだん大きくなり・・

4.「お薬を飲ませると、ぷーっと吐くんです。」「水道のところにいって上手に吐くんです。
(ほめてどうする)」

5.仕方がないので近所の耳を気にしながら、たたいて飲ませる。

6.本当に嫌いになる・・・。


○ある年齢以上の子どもは、おそらくお薬は飲まないと
 イケナイものと知っている。
(親が本気で迫ってくる。)

○子どもは親より味覚が敏感。
(お母さんいわく「私にはお薬が混じっていること、ちっともわからないんですけどねえ。」)
でも、そりゃそうでしょ。いつも甘いもの食べてるんだもん。
混ぜモノは、いつまでも通じるハズはない。ただし納得してくれれば別。

○熱が出たり、吐き気があったり、おなかが痛かったり、
病気の子どもはそもそもお薬が飲めるような元気ではないのです。


○ジュースに混ぜると、ホントは苦いお薬を包んで甘くしている
表層がはげてにが〜くなってしまうものが多い。
(それでも飲んでくれるのならいいけど)

○お薬を混ぜるときには、大切な飲み物には混ぜてはいけない。
もし発熱のためにミルクしか飲まないときに、
「大キライなクスリ」が入っていると知ったら
大切なミルクすら飲まなくなる。これは一大事。
         
お薬飲もう大作戦
A.子どもが飲みやすいように加工。(子どもは知らない。)
○ペロペロキャンディーにお薬を塗りつける。
○お母さんがお薬の入ったゼリーをつくる。
○市販のお菓子・アイスに混ぜる。

B.子どもと相談。
○チョコレートを見せながら取引き。

○プール、学校などを持ち出して取引き。

○子どもの心にわかるまで「お薬を飲まないとイケナイ。」と何度もお話してきかせる。

○苦いのがイヤな子どもには、本人と相談の上、目の前で砂糖、ジャム、ココア、
 アイスなどを混ぜる。

C.お薬を飲んでくれたら、親は大喜びしてあげてください。

D.飲めないときは、せめて命綱のミルク、水分には混ぜないで。

E.その薬は今、本当に必要でしょうか。必要最低限でいきましょう。

我が家の実例から
長男は喘息があるので苦いテオドール、甘い抗アレルギー剤(オノン、ザジテン)と3つのお薬を毎日飲みます。ところが、ホントにお薬大嫌いっ子でした。
そのまま、水に溶いて飲ませると「ぷーっ」とはき出す。押さえつけると、泣いてはき出す。
ジュース、お菓子に混ぜると、その後は疑って飲まない、食べなくなってしまいました。
でも、1〜2歳を過ぎた、ある日に飲んでくれたのです。本人もうれしいのかニコニコしていました。
こうなったらチャンス。「お薬飲もう大作戦」の始まりです。
【風邪薬を飲んでいた頃】 (1〜2歳) ※この頃はまだ定期薬なし。


@ 市販されている菓子(プッカなど)に注入して食べていた。


A 親が薬入りの菓子をあげると子どもが怪しむので、
   自分で冷蔵庫の中にあるお薬が調合された菓子を選ばせた。

※我が家に注射器、針があったので、薬入り菓子を子どもが寝静まった後、
 こそこそ作りました。あまりお勧めしません。

白く見えるのが、お薬です。やや湯煎して溶けたチョコレートが冷える直前を見計らって包み込みます。

【定期薬開始まもなく】 (3歳〜)
B 砂糖を目の前で混ぜて甘いことを強調して飲ませた。信用第一、必ず目の前で調剤。
(とにかく、量が多いと飲まなかった頃) 「パパの薬は甘いけんな、好きなんで〜」

C ヨーグルトに混ぜて飲ませた。「ちゃんとな、ヨーグルト混ぜてな。」(3歳半〜)


だいぶ味がよくなります。どこでも売ってますよ。
  
D イチゴソースをかけてお薬を食べるようにした。「もっとな、いっぱいかけてな。」(4歳〜)

E ラズベリージャムに混ぜてお薬を食べるようにした。(4歳3ヶ月)
(アトピー性皮膚炎悪化し、ザジテン〜アリメジンsy追加して定期薬3剤になっています。)
                          
F ジャムさえあれば、とりあえず飲める。(4歳6ヶ月)「でもピンクのは(風邪薬・抗生物質)スカンので。白だけで。茶色(漢方薬)はのまんので。」

今回は「竹如温胆湯」に挑戦。
ジャムとよく和えます
できあがり!

ジャムだけでいい?
飲んだ、飲み残した、どちらにせよ、私たちのために頑張った、ほめてもらおう、と思ってイヤなのを飲んでくれるのですから、ちゃんと「飲んでくれてありがとう!」といいましょう。

本当に飲み薬はだめみた〜い
 そんなときでも、本当はなんとかなるもの。
飲み薬(水、粉、錠剤)の他にも、いろいろなお薬があるんです。

貼るお薬 ホクナリン・テープ(気管支拡張剤)
気管支喘息のときに使用します。朝方のお薬の切れた時間にお咳が出るときに役立ちます。

坐薬 熱冷まし(カロナール、アルピニー、アンヒバ、ユニプロン) けいれん止め(ダイアップ) 抗生物質(エポセリン)

ご両親は水分、お食事をしっかり摂らせたり、安静を(あなたが仕事を休んで保育園を休ませるんですよ)保障することが一番、病気を治す上で大切なお仕事です。





 小児科のHPへ大分民医連HPへ